アフィリエイト用のサイトは読み手の需要を考える

アフィリエイトで稼ぐためには、もちろん宣伝は必要です。誰かに商品を買ってもらったり、クリックされなければ報酬も発生しないでしょう。ただ、むやみに宣伝ばかりするのも禁物です。読者の目線などを考えて、コンテンツを作る方が良いでしょう。

アフィリエイトの仕組みと宣伝の注意点

人によっては、クレジットカードなどの情報をブログで紹介している事もあります。色々なカードの特長を一覧表形式でまとめたり、比較表などを作っている方も少なくありません。
そのブログを読んだ誰かが、クレジットカードを発券してくれた時などは、報酬が発生する仕組みになります。カードの案件は、かなり報酬の金額は高めです。カードに関する知識は必要ですが、比較的大きく稼げる事もあります。
ただクレジットカードの成約率を高めたいなら、あまり宣伝ばかりすべきではありません。宣伝だけをすると、読者が引いてしまう可能性があるからです。

宣伝ではなく読者のニーズを考える

そもそもサイト全体が宣伝文ばかりになっていると、あまり魅力的ではないと思われてしまう事があります。いかにも業者が作ったようなサイトになってしまえば、読者も身構えてしまう可能性があるのです。それではカードの発券率も下がってしまいかねません。
そうではなく、やはり読者の目線を考える必要があります。クレジットカードの情報サイトにアクセスする方は、果たしてどのような内容を求めているのか、よく考える方が良いでしょう。

比較情報など読者のニーズを想像する

そもそもクレジットカードの発行を考えている方は、各カードの違いを知りたいと思っている事も多いです。カードは、それぞれ還元ポイントの数字は異なるでしょう。具体的にどのように異なるか、知りたいと思っている方も多いです。またカードの保険サービスも、各社はそれぞれ異なります。
つまり読者としては比較情報を知りたいと考えている訳です。であれば、コンテンツも比較情報を盛り込む方が良いでしょう。それはクレジットカードというジャンルだけではありません。他のジャンルにも、同じ事が言えます。
肝心な点は、キーワードで検索するような方々は、どのような情報を求めているか想像する事です。何か理由があって、キーワードで検索している筈です。具体的にどのような理由があるかを想像してみると、充実したコンテンツも作りやすくなります。
決して、コンテンツ全体を宣伝で埋め尽くすべきではありません。宣伝するにしても、読者の目線を考える方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です