2パターンあるアフィリエイトの違いとは?

アフィリエイトとは、ブログに載せる広告収入を差します。ネットビジネスの中でも、メジャーなものとなり、しかも、手軽に始めることができると主婦からサラリーマンまで幅広い人に人気のネットビジネスとなります。そんなアフィリエイトに2パターンの収入方法があることをご存知でしょうか。アフィリエイトを始めるのなら、この2パターンの違いを明確にしておくことが大切です。

・アフィリエイトとは
まず初めにアフィリエイトについて簡単にご説明させていただきます。
アフィリエイトとは、自分のブログに広告を載せ、そのから収入を得るものとなります。いわば、CMと同じようなものですが、テレビのCMの場合、CMを流すだけで収入を得ることができる一方、アフィリエイトの場合は、広告に何らかのアクションがなければ収入を得ることができない仕組みになっています。そして、そのアクション方法が2パターンあるということになるのです。

・広告がクリックされた時点で報酬を得ることが可能
1つ目は、ブログに掲載されている広告をクリックしてもらうだけで収入を得ることができるものです。子の場合、1回の単価は非常に低いもののクリックしてもらうだけで利益を生むことができるため、1回の利益にハードルは非常に低くなります。
趣味でブログをしている人の場合、そこに広告を掲載し利用者がクリックするだけで月に数万円程度の収入を得ることもできるのです。そう思えば、ブログを開設しているのなら始めないともったいないということになります。

・広告をクリックしてもらい契約が完了して初めて報酬を得ることが可能
2つ目は、広告をクリックしてもらうだけではなく、そこから商品の購入や契約をしてもらった初めて報酬を得ることができる成果報酬型のアフィリエイトです。この場合、契約が成立しないと報酬を得ることができないため、少しハードルが高くなってしまいます。ただし、その分、1つの単価は高く、1回で多くの収入を得ることが可能です。また、その分、やりがいがあると専門的に行っている人も少なくありません。

・最後に
今回ご紹介したアフィリエイトの2つのパターン。自分には、どちらがあっているのか確認したうえで選択することをおすすめします。どちらも初めは難しく感じるかと思いますが、自分自身で広告主を探す必要などなく、仲介サイトを利用することで手軽に広告主を見つけることが可能です。そのため、そう難しく考える必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です