せどりで優良出品者になるには

せどりは転売する商品を出品して落札した方にお届けすることで終わりであると考えている方がいますが実はそうではないです。せどりにて収入を得る場合、商品自体を届けることはとてもじゅゆ用ですがそれ以外にも重要なポイントが多々あります。例えば、梱包は一番出品者の方の性格や手間をかけているかどうかを把握する目安で梱包がきちんとされていることで評価は大きく変わります。逆に梱包を疎かにしますと評価は大きく下がるのです。何故、評価が下がるかと言いますと、転売で消費者側が購入できる商品は家電製品もあります。家電製品の場合、多くは梱包に関しては元々商品を入れていた箱があれば簡単に梱包できますが商品を入れていた箱が無い場合、梱包を出品車自らが担う必要があります。この時、家電製品は梱包をする上で重要なポイントがあり外部柄衝撃を受けたり中身がずれ動いたりしないよう工夫をする必要があり、その理由は精密機器の場合、ぶつかっただけで損傷し使用できない商品を送ってきたと判断された場合、評価を落としてしまいますし、輸送時に損傷をした場合も同様言い訳が通じるわけはなく、出品者側の責任を問われます。故障品を故障品であるとして転売している商品以外は動作確認をしているかなどもポイントとなり動くはずの商品が動かないとなりますと評価を落としてしまうのです。これがさらにひどい出品者になりますと評価を取り下げてくれることで支払った料金を変換するというようなことを持ちかけてくる出品者もいてさらに評価を落とす結果となるのです。つまりせどりにて利益を得るためには落札した相手の方に対してそれ相応の対応をしたのち、梱包やアフターケアを付けるかなどを取り決める必要性があるのです。このアフターケアですが中には修理を営んでいる方が商品を出品して故障した場合1年という保証期間を別途設けて修理をしてくるという転売方式を採用している方もおり、どのようにして商品を安心して落札してもらえるかに重点を置いている方もいます。ただ、転売はアフターケアをすることができる方と言うのは限られていてよほど故障しやすい製品以外はあまり考える必要性はないのですが、出品者として評価を落としている方がいるのであれば一度転売している商品を見直した上で、商品の梱包方法、アフターケアを行うべきであるかを判断した方が良いです。よく、IDを変えて再度転売すればよいと考える方がいますが実績についてもクリアになりなんの実績も無いIDになりますので果たしてそんな状況下で買い手が付くのかという問題もありますので今ある実績を大事にした方が良いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です